リフォーム依頼前にチェックしたい見積書の項目

リフォーム見積書の気を付けるべき点

リフォーム依頼前、見積もりで気を付けるべき点

皆さんは今、どのような住居にお住まいだろうか。マンションか一軒家と言う方が当然多いだろうが、中には官舎と言った方もいるかもしれない。このページでは、一軒家をはじめとする住居のリフォームについて扱っていく。家も経年劣化していくものだ。長い間使い続けるためにも、大規模なリフォームはいつか必要だ。

リフォームで直すべきところ

新築から10年から数十年たった住宅、あるいはある程度の規模感のマンションの1室において、リフォームするときに特についでに直しておくべきところはどこだろうか。リフォームは、そう毎年行えるような規模のものではないだろう。できるだけ工事はまとめたい。近年、特に工事されやすいポイントを見ていく。

リフォームの見積もりの注意点

当然、リフォームの見積もりは依頼者である家族と、実際に工事を行う業者の担当者が入念に話し合って作成する書類だ。もちろん、一度決定した後あれこれと変更を加えることはできないので、決定するときは心しなくてはならない。見積もりの作成時、見落としがちだから気を付けるべきポイントとはどこだろうか。

リフォームの見積もりについて

皆さんはリフォームを経験したことがあるだろうか。リフォームは、家をよりよくし住みやすくするために絶対必要なことだ。また、二世帯住宅に作り替えたり、オール電化にしたり、太陽光パネルや床暖房を設置したり、エレベーターや手すりを増設してバリアフリー化したり、といった様々な目的で、現在リフォームは進められている。
リフォームを決断するときに必要なのは、買い替えるか新築するより安いか考えることだ。そして、あれもこれもとすべてを詰め込まず、予算内で、工期とも相談しつつ行う必要があるのだ。周期をある程度決め、何回かに工事を分けて進めていくことも十分に可能だからである。また、工事している間その家に住み続けるのか、仮住まいを別に借りて一度居を移すのかも、規模によって異なる所だろう。そうしたところもひっくるめたリフォームの予算次第、と言ったことも言えるかもしれない。
様々な目的での様々なリフォームがあるが、特に昨今多いのは耐震化である。全国の公立の小学校・中学校の耐震工事も、自治体主導で行われているが、個人の住宅も来る大地震に備えなければならないからだ。これは、地盤も含めて見直す必要がある。
また、バリアフリー化も多い。キッチン周りをオール電化し、IHヒーターに変えることで、高齢者がうっかり火にかけた料理を忘れて鍋を焦げ付かせ、火事を起こすといったリスクを減らせる。また、玄関や廊下に手すりを設置したりドアを引き戸に変えるだけで、車いすや杖を用いる高齢者でもぐっと移動が楽になる。
もっとも、そういった事情がなくても水回りと外回りのメンテナンスは欠かせない。まさに、リフォームはこれからの住宅管理で避けては通れないのだ。