>

リフォーム依頼前、見積もりで気を付けるべき点

リフォームの流れとは

リフォーム。どんな家でも、築10年を経過すれば1度はリフォームの必要がある。また、内部構造の改造を考えたときもリフォームは避けては通れない。どんな住まいでも、リニューアルしたくなる時はあるだろう。
リフォームしたくなったら最初にするべきことは、その建物をつくった会社の担当とコンタクトを取ることだ。設計事務所などに建築を依頼した場合は、その設計士から工務店を紹介してもらったほうが良いが、大手ゼネコンによる建売の場合はその会社に依頼するほうが手っ取り早いからだ。
まずは、リフォームしたい箇所を予算と相談しつつ、家族及び担当スタッフで相談していく。そして、それを踏まえて工事担当が現地調査を行い、プランと見積を決定。その結果、工事が着工していくという流れになる。

リフォームあれこれ

リフォームを行う際に気を付けないといけないのは、まず見積額である。新築したほうが安くなるような大規模なリフォームには、意味がないという考え方もあるからだ。現在、日本の住宅の大部分は数十年で老朽化してしまうが、計算上100年程度は使用に耐える建売も増えてきている。だからこそ、直して使うのか、建て替えるのか、売却するのか、ケースによって最善・最安の道を探すとよいだろう。
また、リフォームを発注する際、業者との打ち合わせで気を付けるべきことは、どのレベルまできれいにするかということだ。ただ改善するだけでなく、新築同然の姿形にまで戻すことをリノベーションと言う。結果は当然リフォームよりきれいになるが、当然より費用がかかるということになる。どの程度の規模の工事なのか、例えば居住しながら行うのか、どこかに仮住まいしてまで工事するのか、といったことも考えて計画を練っていく必要がある。


この記事をシェアする